『本日も無視されています』

お金を貸した知人に無視され続けた記録

法律相談2🧑‍⚖️

 区の法律相談に予約の電話を入れました。前回は、午後に電話して、予約ができませんでした。今回は、10:30頃に電話しました。そして、1週間後の水曜日に無事予約できました。

 

 「相談時間は30分。コロナ次第で、中止になるかもしれません。」と言われました。

 

相談内容をまとめて、質問は2件に絞ろうと思います。

知人の居所調査6🕵️

 7/9(土)、第三者請求で、知人の戸籍の附票を請求しました。前回は、4月に調査しました。そのときは、知人の記録に変化はありませんでした。

参照:2022/4/3ブログ『知人の居所調査4』

参照:2022/4/16ブログ『知人の居所調査5』

本日、かかった費用

1.送付状 10円(コピー代)

2.申請書 10円(コピー代)

3.身分証明証 10円(コピー代)

4.裁判判決の債務名義 60円(コピー代)

5.私の戸籍の附票(債務名義上の住所と現在の住所とのつながり証明)

6.定額小為替300円(別途 手数料200円)

7.切手代224円(往路140円、復路84円)

費用総額 824円

 

法律相談🧑‍⚖️

 今まで、コロナのために対面での相談ができませんでした。最近、できるようになってきたため、14時ごろ、予約の電話をしてみました。

 

区民相談の係「1週間先まで、全て埋まっています。午前中で、1週間先の予約も埋まります。」

 

 どうやら、予約をとるのも大変そうです。

 

今後、支払計画を立てるとき、数カ月で滞るものにしないと言い切れるか?🤔

 2017年2月の時点で、知人に問い合せた内容です。

参照:2022/6/11ブログ『知人の行動に対する疑問』

 

当時の状況

 今まで6回、支払計画を立ててくれました。しかし、毎回ダメになるものばかりでした。

問い合せ内容

今後作る支払計画は、途中で投げ出したりしないか?

知人の返答:無回答(無視)

 

知人の捨てせりふ

知人「とにかく末代にわたってでも必ず返済は保証します。」(2017/2)

     ↓

   翻訳すると

     ↓

「いろいろな事情はさておいて、私が死んだあとも、必ず返済を保証する」

 

当時、私が感じたこと

  • 返答を避けたことが、すべてを物語っているように思う。
  • はっきり答えず、遠回しに、それらしいことを言って、先延ばししようとしている。

完済期間を長くても2020年以内に終えることができるか?🤔

   2017年2月の時点で、知人に問い合せた内容です。

参照:2022/6/11ブログ『知人の行動に対する疑問』

 

当時の状況

 元々、貸出から41日で、返済してくれることになっていました。それが、2017年2月の時点で、貸出から3年近くになります。2020年12月だと、6年以上になります。

 

問い合せの内容

完全に返済し終わる期間について

知人の返答:無回答(無視)

 

知人の捨てせりふ

知人「とにかく、末代にわたってでも、必ず返済は保証します。」(2017/2)

   ↓

   翻訳すると

   ↓

「いろいろな事情はさておいて、私が死んだあとも、必ず返済を保証する」

 

 

当時、私が感じたこと

 以下の理由により、知人は返済する気がないと感じました。

  • 知人は、3年近くたっても、具体的な期限を言うのを避けている。
  • 意味不明なことを言って、返済する気がないのを誤魔化している。
  • 永遠に先延ばしにすると宣言しているように感じる。
  • 必ず返済を保証する根拠が何もない。連帯保証人を付けると言っているようにも思われる。

一度も電話をくれないのは、なぜか?🤔

 2017年2月の時点で、知人に問い合せた内容です。

参照:2022/6/11ブログ『知人の行動に対する疑問』

 

当時の状況

 2016年2月20日以降、私からの電話を無視し続けていた。

 

問い合せ内容

なぜ、一度も電話をくれないのか?

知人の返答:無回答(無視)

 

当時、私が感じたこと

 知人は何をしたいのか、理解できなかった。なぜなら、私は、知人から、以下のことを頼まれていたからです。

 

・口で言ってほしいと頼まれた。

・催促してほしいと頼まれた。

・知人からも電話すると言われていた。

・知人から、会って話そうもと言われていた。

・連絡手段に、電話を指定されていた。

・連絡をお互いに取り合うことになっていた。

 

 私から見たら、長年の知人の行動は、嫌がらせしている、からかっている、バカにしているように感じていた。

今日まで、だましていたのか?🤔

 2017年2月の時点で、知人に問い合せた内容です。

参照:2022/6/11ブログ『知人の行動に対する疑問』

 

当時の状況

参照:2022/6/16ブログなぜ、毎月の返済金額10円なのか?

 

問い合せ内容

今日まで、うそをついていたのか?

知人の返答:無回答

ただし、

6回目の支払計画に対してのみ、No

 

根拠になった知人の返信

知人「少額(10円)なりにも払ってる。何故、嘘をついたことになるのか意味不明です。感情任せで、論理破綻な質問は、勘弁して頂きたい。

 

残念ながら、無い袖は振れないというのが現状です。それで、少額(10円)ずつの返済になっている訳です。」(2017/2/20)

 

※分かりやすいように、会話文を直してあります。

 

当時、私が感じたこと

 知人は、6回目の支払計画に対して、うそをついてないと主張しています。

 

知人(当時28歳)にとって、100円10円返済は、OKなんだとわかりました。それを知って、提案したときの詰めが甘かったと実感しました。

 

 6回目の支払計画を決めたとき、始めから知人は、小銭で返済する気だったんだと感じました。

 

知人の意地悪さを感じました。

 

私なら、1000円単位の返済で考えます。考え方、世代間、性分の違いが出たのかもしれません。

 

 知人は、ほとんど無回答でした。約束しては、無視をして、勝手にうやむやにする行為は、知人の性分なのでしょう。

 

4年ほどの付き合いでわかった知人の性分

 その場で、うそをついてなくても、だましていなくても、しばらくしたら、相手を無視して、勝手にうやむやにする。