『本日も無視されています』

お金を貸した知人に無視され続けた記録

なぜ、毎月の返済金額が10円なのか?🤔

 2017年2月の時点で、知人に問い合せた内容です。

参照:2022/6/11ブログ『知人の行動に対する疑問』

 

当時の状況

 知人が決めたルール(和解契約)により、私が催促しなくても一括で返済されることになっていました。

参照:2022/5/29ブログ『5回目の支払計画とは』

参照:2022/1/23ブログ『和解書作成までの背景と結果』

参照:2022/1/22ブログ『平成27年7月27日付和解契約書』

 

しかし、知人は、それを無視しました。そのため、私から助け舟を出す羽目になりました。その案に知人も賛同してくれました。

参照:2022/6/4『6回目の支払計画とは』

 

そして、どうにか以下のとおり、返済してくれるようになりました。

入金のあった日

毎月の返済金額

2016年9月1日(8月分)

10円

2016年10月20日(9月分)

10円

2016年11月5日(10月分)

10円

2016年12月5日(11月分)

10円

2016年12月31日(12月分)

10円

2017年1月24日(1月分)

10円

 

毎月10円返済になる理由

知人の返答:無回答(無視)

 

「10円返済は正当だ」という知人の主張

  • 毎月少額でも支払っているので、ルール違反ではない。

 

  • 困窮状態の中でも、かろうじて、あなたに支払ってる。

 

  • 少額の返済が無意味なら、あなたのために一旦支払いを中止する。

 

  • 多額の債務が複数ある為、そちらを優先している。

当時、私が感じたこと

  • 10円しか月々返済できない理由を説明しないことに、不誠実さを感じた。

 

  • 20代後半の男が月々10円返済を当たり前のように主張することに、嫌がらせを感じた。

 

  • 「10円払っときゃいいだろう」と軽く扱われた感じがした。

 

  • 10円という金額が、以下のことを表しているように感じた。

  ①知人による私への評価

 

  • 知人は、早く返済する気が無いように感じた。

 

  • 私の発言のせいにして、返済を中止したことに、意地悪さを感じた。

 

  • 過去の知人の熱意ある発言と違って、まったく誠意を感じなかった。

参照:2021/10/6『説得を続けている理由』

参照:2021/10/7『知人の希望』

 

  • 知人の主張は、以下の理由により、10円という金額の理由にならない。

  ①知人の言う貧窮状態を証明できないこと

  ②他の債務の件は、知人には始めから分かっていたこと