『本日も無視されています』

お金を貸した知人に無視され続けた記録

(続)何度約束しても、逃げてしまうこと

 前回の続きです。

何度約束しても、逃げる知人

  • 貸出から6年たっても、知人が自主的に返済してくれた金額は、予定返済額の20%(36,000円)でした。何年も何度も返済できる金額を確認して知人本人が決めてたにも関わらず、知人はいつも途中で逃げてしまいます。毎回その繰り返しで、知人の性分が理解できずに苦しみました。

 

  • 貸出から6年たって、会って7度目の話し合いをしました。お互い連絡を取り合て、今回で終わりにすることを確認し合いました。しかし、話し合いから半年たって、連絡がつかなくなりました。仕方なく、話し合いを呼びかけ続けました。その3ヶ月後に、ふざけているのか、丁寧なのか、変な表現の返信がきました。返信の内容は、「話し合いは年明けにしよう」というものでした。そして、その後も連絡がつきません。そのため、予定していた話し合いもできていません。あの返信は何だったのか、訳が分からなくて、混乱しました。

 

  • 貸出から3年たって、知人が一方的に申し出てくれました。

「安心してください。たとえ何年かかろうといずれ必ず返します。」

「何年かかっても末代にわたってでも必ず全額返済する。」

「果たせなかったら切腹する覚悟で、この場で約束する。」

「とにかく末代にわたってでも必ず返済は保証する。」

「あなたが死んだら、相続人に返済していく。」

「来年の夏ごろに、もう一度、和解書をかわそう。」と。

 

しかし、説明を求めても無視されました。その後、連絡も取れなくなりました。もちろん、和解書もかわせませんでした。