『本日も無視されています』

お金を貸した知人に無視され続けた記録

和解に応じる条件(2023版)

 2019/12/4、お金を借りた知人と話し合いの約束をしています。もし、話し合うなら、和解する場合があるかもしれません。そのときの和解条件を以下に挙げます。全て過去の知人の行動から、問題点を拾いました。

①支払期間:和解日から6ヵ月以内に終わらせること

 理  由:過去の知人の行動は、最大6カ月までしか続かない。そして、覚えていない。

 

②連絡:月に一度は連絡を取り合うこと

 理由:連絡を取り合うことは、過去にも約束している。月払なら、なおさら月1回は、連絡を取り合うことが必要です。

 

③電話:迷惑電話登録を和解日(本日中)までに解除すること

 理由:過去にも電話で話せるようにすることを約束している。

 

④住所:引っ越す場合も含めて、お互いの居所を明らかにすること。

 理由:連絡が取れないときに話し合いに行くためです。お互いの信用の問題です。

 

⑤支払金額:和解日までに、2019/3/23話し合いで決めた未払金を払ってくれるなら、その時点で終わりにする。ダメな場合は、新たな請求金を要求する。

 理  由:2015/7/27付和解契約書を基にした支払金を2015/7/23~2021/12/31まで請求してきました。知人本人が決めた希望した内容でした。すでに貸出から9年も経っているため、もう終わりにしたい。

 

⑥追加の条件:連絡が取り合えない場合は、知人は、私が通知した行動を認めるものとする。

※私が通知した行動とは、2018/10~2021/12/31期間に、連絡が取り合えない場合は、債権者として認められた行動をとりますと宣言した通知です。

今後の取り組みをするにあたって

裁判、差押等で文句を言われたら

 『今後の取り組み』に載せたことを、2022年から実行します。その内容は、裁判や差押がからんできます。「やり過ぎじゃないか」、「脅迫じゃないか」、と悩んだ時期もありました。今は、以下の理由から、負い目はありません。

参照:2021/10/8ブログ記事【今後の取り組み】

参照:2021/8/31ブログ記事【今後の予定】

裁判や差押等をする正当な理由

  • 過去、第3者を入れての話し合いに同意してくれた。(2019年1月)
  • 2018年10月~2021年12月間に、お金を借りた知人が指定した連絡手段のメール、SNSと手紙で、連絡が取れない場合、何度も法的処置をすることを通知した。
  • もう3年近く、連絡が取り合えない。無視されている。
  • 知人が毎回、何としても必ず返済することを望んでいた。

 

新たな請求金額2

正しい貸出日

 2015年7月、6回目の対面での話し合いのときに、お金を借りた知人から、「計算が面倒なので、同じ日に借りたことにして計算してくれ」と頼まれていました。

 

そのため、今までは、〝平成26年4月16日に13万円貸出″としてきました。和解契約書でも、その様になっています。

 

正しくは、以下のとおりの貸出日と貸金になります。

新たな請求金額

 2015年7月23日付和解契約書の内容を基にした和解(支払い)は、散々無視されたあげく、2021年12月31日で最終的に終わりました。

 2022年からは、下記の金額を請求します。本来の貸出日の翌日から計算します。

 

利息は、利息制限法から出しました。

 

          記

 

  • 貸金130,000円のうち金100,000円に対する平成26年4月17日から支払い済みまで年18%の割合による金額

 

  • 貸金130,000円のうち金30,000円に対する平成26年6月18日から支払い済みまで年20%の割合による金額

                以上

 

損害金は取れないのか

 お金を貸したあと、どんなに借主の態度から苦痛を受けようと、損害賠償(慰謝料)はとれません。しかし、遅延損害金は、取ることができます。それが、損害賠償金(慰謝料)の代わりになります。

 

自分が受けた苦痛からすると、遅延損害金の利率が法定利息の5%では、割に合いません。

 

他に何かできないだろうか?

 

2014年と2015年に、知人は40%以上の利息金を払うと申し出ています。

参照:2021/11/26/ブログ記事『返済金額の歴史』

 

そこで、区の法律相談で相談しました。すると、さすがに40%の損害金をとることはできない。しかし、利息制限法の上限までは、請求できるという。

 

慰謝料は、とれるのか

 知人の行為から受けたストレスの件から、お金を借りた知人に対して、慰謝料を請求したいと思うようになりました。

参照:2021/12/5ブログ記事『慰謝料を取りたい2』

 

そこで、2021年、区の法律相談で聞いてみました。しかし、コロナ騒動中のこともあり、直接会って相談できません。その代わり、電話での相談になりました。声だけで相談するのは、やりにくいものでした。

 

お金の貸し借りの精神的苦痛で、慰謝料をとることができるのかを聞きました。

 

その結果は、ダメでした。

 

慰謝料をとれない理由

 お金のやり取りでのトラブルは、遅延損害金以外の損害賠償は認められない。たとえ、それ以上の損害が生じてもその損害を請求できない。慰謝料も請求できない。

 

民法419条〗、〖京都地裁判決H25.9.27〗、〖最高裁判決S48.10.11〗に載っていると言われました。

 

金銭トラブル(金銭債務の不履行)の場合

 

【遅延損害金】≒【唯一の損害賠償(慰謝料)】

 

というイメージになります。

馬鹿馬鹿しい言い訳から受けた苦痛

 知人とのコミュニケーションで、とてつもない苦痛を受けてきました。それらは、知人から慰謝料を取りたいと思った理由です。2021年までの8年間の事象になります。

参照:2021/12/1ブログ記事『慰謝料を取りたい1』

参照:2021/12/5ブログ記事『慰謝料を取りたい2』

馬鹿馬鹿しい言い訳

  • 手紙を無視する言い訳(2015/7、2019/3)

「長文を読んでも理解できない。」

「あなたの書く文章は、わからない。」

「口で言ってほしい。」

 

  • LINEをブロックした言い訳(2015/7)

「LINEは、ブロックしたのを知らなかった。」

「解除の仕方が分からないから解除できない。」

 

「メールは、たくさん来るので気づかなかった。」

「長文を読んでも理解できない。」

「あなたの書く文章は、わからない。」

「文字より口で言ってほしい。」

 

  • Facebookを無視する言い訳(2018/9)

Facebookは、もう使っていない。」

 

  • 電話を無視する言い訳(2019/3)

「迷惑電話登録を解除しないのは、知らなかったから。」

「解除の仕方が分からないから、解除しない。」

「電話にでないのは、いつも出れないときにかかってくる。」

「忙しくでれなかった。」

「もう一回かけてくれたら出れた。」

 

  • 知人の申し出で、2018年8月に改めて和解書を話し合うことになっていた。しかし、話し合いが、さらに8カ月後になった言い訳(2019/3)

「風水を勉強するのにお金がかかる。」

「風水で行動している。」

「今日の話し合いも風水でベストの日を選んだ。」

 

  • 支払いに応じない理由(2017/2)

「まともな債権者さんを優先して返済する。」

「判決のおりてるものを優先して返済する。」

「2015年6月交通事故の罰金を優先する。」

「風水を学ぶのにお金がかかる。」

「お金がない。貧窮している。」

公衆電話からかける苦労

 8年近く、公衆電話を使って、お金を借りた知人と連絡を取り合おうとしてきました。そのなかで、公衆電話を使ってみて、次のような苦労がありました。

 

電話をかけたいときに、その場でかけれない。

 昭和の頃は、郵便局、コンビニ、スーパーなどあちらこちらに公衆電話がありました。今は、使いたいときに、近くで見つけられません。特に、地方に行くと近くにありません。そのため、かけられる回数も日に数回程度でした。

 がんばって、ガンガンかけていたときは、見つけるのに大変でした。時間がとられてしました。自分の時間が無くなってしまいました。

②小銭の確保が面倒

 相手が出てくれたときのために、10円玉をたくさん用意しておくのが面倒でした。電話に出ない相手に対しては、無駄になりました。

③テレホンカードはすり減って使えなくなる。

 テレホンカードは、便利です。しかし、何十回も出し入れしていると削れて使えなくなります。知人がでてくれないため、すぐにカードがボロボロになりました。度数がかなり残っているのに捨てる羽目になりました。

冬は寒い、夏は温室のように蒸し暑い、そのため、かけるのが辛い

 寒い中、寒い場所で突っ立って電話をかけていると、体が冷えます。冬場は、震えながらかけていました。夏場の電話ボックス内は温室のようでした。

⑤電話機や電話ボックスが汚い。

 受話器がべたべたしていました。さらに砂埃をかぶっていて、テレホンカードに傷がつきました。コロナに感染しそうな気分でした。

⑥テレホンカードを受け付けない電話機や10円が戻ってこない電話機がある。

 たまに被害にあいました。

⑦電話相手の意地悪には弱い。

 ワン切りや電話にでても知らんぷりといった電話の取り方をされると、料金がかかってしまいます。すぐに、10円玉や度数が無くなってしまいます。また、何度もかけに行くのも辛い。

⑧公衆電話も迷惑電話としてブロックされる。

 迷惑電話としてブロックされて、かけれなくなりました。違う場所の電話でかけざるを得えませんでした。