『本日も無視されています』

お金を貸した知人に無視され続けた記録

何度約束しても、逃げてしまうこと

 知人は、はっきりものを言う人です。その知人が毎回希望したことに、いろいろ協力してきました。しかし、いつも知人は、逃げ出しました。

何度約束しても、逃げる知人

  • 貸出から3か月間、4回も支払計画の練り直しに協力してきました。しかし、知人は、その間に荷物を少しずつ運び出して、支払日前日に夜逃げをしました。そして、連絡がつかなくなりました。

「大家にひどいことを言われた。夏には出ていく。」と、夜逃げ前に、シェアハウスの他住人に語っていたことがあとでわかりました。計画的な夜逃げでした。

 

  • 知人自身から申し出てくれても、半年もたたない内に、無視を繰り返されました。そんな知人を理解ができずに苦しみました。

参照:2022/5/16ブログ記事『知人にとって当たり前の行動なのか2』

 

  • 貸出から1年たって、知人は和解契約書(期限の利益喪失条項付き)を直筆してくれました。

 

さらに4年後、「過去のことは忘れた。気にしない。第何条とかいう法律文は理解できない。長い文はわからない。あなたのメールも何が書いてあるかわからない。ワハハ。」と言っているのを聞いて、あきれ返ってしまいました。

  

  • 「何が何でも必ず返済する」「このLINEを証拠としてください」「追々、支払計画を連絡する」「ちゃんと返済していく」等、夜逃げ後に知人が申し出てくれました。

 

しかし、その2か月後から連絡がつかなくなりました。居場所を見つけ出した際、知人自身から申しでてくれたことを何一つしてないことを知って、虚しくなりました。

 

続き:『(続)何度約束しても、逃げてしまうこと』