『本日も無視されています』

お金を貸した知人に無視され続けた記録

5回目の支払計画とは📝

 知人😜の仕事関係者に仲介を頼みました。その圧力により、お金を借りた知人(27歳)から和解の話がありました。

参照:2022/1/28ブログ『知人の仕事関係者に出した手紙』

参照:2022/1/23ブログ『和解書作成までの背景と結果』

 

5回目の支払計画(和解契約書)

申し出日:2015年7月27日

返済方法:分割払い(12回)

貸出金額:13万円

請求金額:13万円+5万円(利息金)

返済 日:毎月末日15,000円

参照:2022/1/22ブログ『平成27年7月27日付和解契約書』

和解契約に追加で決まったこと

以下の3行は、知人から頼んできた内容です。

  • 知人の仕事関係に接触しない。※1
  • 今後も友達付き合いしていく。
  • 月中旬と下旬に、催促する。
  • 連絡は、①②で行う。

  ①FacebookSNS機能を使う。

  ②公衆電話から電話する。(22時以降)

※1  1年半後に「もう縁が切れたので、自己責任でどうぞご勝手に」と言われた。

 

和解前後の状況

2015年07月17日~21日【埼玉県三郷市訪問】

 レンタルサイクル🚴を借りて、往復50キロの道のりを知人の住み家まで、4日間通いました。ドアポストに手紙✉️も投函しました。

 

ドアには、知人の名前の表札がありました。会社名も書いてありました。ホームページを見ると、知人の顔写真も載っていました。

 

2015年07月20日【仕事関係者へ手紙投函】

 1年ほど、知人と連絡がつきません。表示されていた会社の社長宛てに、仲介依頼の手紙を投函しました。📮

 

後日、無料法律相談を受けたとき、「無関係な人を巻き込むと訴訟になる」と注意を受けました。

 

2015年07月21日【知人と立ち話し】

 埼玉県三郷市のアパートを訪ねて4日目。本日3回目19時に訪ねました。知人の仕事仲間が対応してくれました。

 

知人😡が顔を出し、「ちょっちょっとちょっと」と手招され、外に連れ出され、扉を閉めました。

 

私「連絡すると言っていたけど、支払計画はどうなってるのか」

 

知人はキョトンとしていました。

 

知人「うん、何?何聞きたいの?ぶっちゃけ、こんなストーカーじみたことされたら、返す気なくなるよ。仕事時間に電話してきて迷惑だよ。」

 

私「貸金の件だけど、いなくなってからLINEくれたよね。『なにがなんでも返します、返済計画を連絡します』など言っていたよね。

 

ちっとも連絡してくれないじゃない。で、支払計画はどうなったの?私のメールアドレスや振込口座を教えてあるよね。

 

記帳確認が大変なので、支払計画を教えてくれないと困る。」

 

私「そちらも大変だと思うから、分割で一回に何万円も払うのでなく、何千円とかでもいいから。」

 

知人「電話は、基本的に夜だね。22時くらいで。今さら、計画もないけど。ゆうちょ口座作っといて。振込手数料無料だから。」

 

私「それじゃあ、ゆうちょの口座を作ったら、どうやって知らせたらよいのか?LINEと携帯電話の迷惑対策を解除してよ。」

 

知人「メールは開くことない。基本的にはLINEやFACEBOOKだね。手紙も見ない。

 

迷惑対策の解除は、手間がかかって面倒なので、しない。

 

振込口座は、LINEかfacebookで送っといて。

 

長い文章は読まないから。支払計画は振込口座の連絡があったそのとき決める。」

 

あとは、近況を報告しあいました。 

 

知人「拠点はここだけど、全国を回っているので、めったに帰ってこない。昨日まで青森に行っていた。明日も出かける。今日は、たまたま帰ってきた。普段は、ずっと居ないから。」

 

知人は、決して謝りませんでした。

 

知人は、2014年7月24日に申し出てくれた事を全く準備していませんでした。

 

支払計画も全く考えていませんでした。さらに私が知らせた電話番号、Eメール、振込用口座番号も覚えていませんでした。

 

また、LINEと携帯のブロックを解除しないと言っておいて、連絡方法にLINEも指定していました。

 

2015年07月24日【知人から和解の誘い】

 知人から、facebookで連絡がきました。「和解書を作成しようと思うので直接話し合いましょう。

 

そして印鑑を持参してください。ちゃんとした返済計画をお互い合意の上で作成します。」

 

2015年07月27日【和解契約書を交わす】

 13時話し合いの15分前にFacebookで知人に連絡を入れました。「用事で遅れる。話し合いは15時から」と返信がありました。

 

2時間、東松戸駅で待たされました。後で、「なぜ、待ち合わせ場所が、知人の住所の三郷市でなく、私の住所の中央区でもなく、東松戸なのか」を尋ねました。

 

「適当に決めた」と聞かされ、あきれました。

 

やってきた知人は、何も準備していませんでした。今から、場所を探して、ペンと紙を購入して、手書きで和解書を書くということでした。

 

8時間も付き合わされました。スマホで調べながら書いているのを見て、悲しくなりました。

 

私は手伝いませんでした。承認しただけです。できた和解書は、仕事関係者に提出するという。

 

スマホで、仲介を頼んだ手紙の画像を見せられました。「こんな馬鹿なやつがいるぞと連絡が来て、手紙の画像が送られてきたよ。強制執行なんて、脅迫だぞ。」

 

顔は笑っていましたが、余計なことをしてくれたなという雰囲気でした。

 

 この日、7月分として、15,000円返済してもらいました。

 

2015年08月31日【返済日】

 8月18日に、依頼されていた通知を送信しました。「了解」と、知人から返信がきました。

 

しかし、31日に入金がなかったため、依頼されていた催促のメッセージを送信しました。結局、入金はありませんでした。

 

 この時点で、知人が作ったルールでは、2015年7月27日付和解契約書の第3条違反になり、催促しなくても一括で返済されることになります。

 

5回目の支払計画も1ヶ月ほどで、あっさり駄目になってしまいました。